RYT200とは?

当スクールは、佐賀初、そして唯一の、全米ヨガアライアンス正規認定校(RYS200)。

国際ヨガ指導資格「ヨガ講師資格RYT200 」が取得できます。


全米ヨガアライアンスについて

全米ヨガアライアンスとは、アメリカのヨガインストラクター養成専門校、ヨガインストラクター、ヨガ指導者の登録を行う団体です。


全米ヨガアライアンス/RYT200とは?

全米ヨガアライアンスとは、アメリカのNPOのヨガの資格を発行する公的機関で、国際レベルの、世界で通用する質の高いヨガインストラクターを養成するため、指導スキルや やヨガの全般的な知識に基準を定め、ヨガインストラクターの指導技術向上を促進する目的で設立されました。

協会が定めた基準(RYT:Registered Yoga Teacher)に基づいたヨガ講師養成コースを終了し、 ヨガアライアンス協会へ申請をすることで世界90カ国以上で通用する国際的な ヨガインストラクターとしての認定書が発行されます。 資格は4ステップあり、このうち200時間の単位取得者(終了者)を RYT200と称します。

世界中で信用ある資格としての広く認知されていますので、日本ではもちろん、海外でも広く通用します。 当校のRYT200講師養成プログラム終了後は上記の全米ヨガアライアンスの資格を取得することができます。(申請は各自行い、別途、ヨガアライアンスへの申請と申請手数料が必要)


全米ヨガアライアンスの正規認定校とは?

全米ヨガアライアンスが認めた、ヨガ講師を育成する質の高いコースを提供するヨガスクールの世界レベルの証明です。

自然の英語工房で実施する様々な講師養成コースを修了され、合計200時間の単位を取得されると、国際レベルのヨガの講師として、世界50カ国で認知されている、全米ヨガアライアンス認定インストラクター“RYT” (Registered Yoga Teacher)としての登録が可能になります。※RYT200認定登録には別途、ヨガアライアンス協会規定の申請手続きが別途必要です。

もちろん、RYT講師は目指さない方も、随時募集の様々な養成コースの中からお好きなコースを受講いただけ、生涯学習としてヨガをあらゆる側面から深く知っていただけます。

九州初・単位制のRYT200プログラム・Yoga University

当スクールのRYT200プログラム(Yoga University)は、お好きな時に単位を少しずつ集めることができる「単位制」の指導者プログラム。

通常のRYT200コースは、数ヶ月間のうちにまとめて200時間を受けないと資格が取れず、日程がなかなか合わない、そんなに長く仕事をやめないといけない、・・・ と受講を断念したり、短期間の詰め込み式のトレーニングで何を習ったのか理解や消化できない中途半端なまま、ただ資格を取得するだけで終わったりと、とても残念なケースも実際、とても多いです。

当スクールのような「単位制」だと、都合が合う時に、無理なく国際資格が取得ができます。余裕を持って受講した様々な大事な知識は、しっかりと自分の中で消化され、真に実践に生かせます。