内容

ヨガインストラクターではなく、ヨガティーチャーを育成

当スクールの養成コースは、単にヨガポーズを指導する「インストラクター」に留まらない、ヨガの本質を知り、どのようにヨガが内面に効くのか、自分らしさを見つける手助けとなるかのシェアができる「ヨガティーチャー(講師)」の育成が目的です。

今はヨガを気軽に学びたいという方も、将来本格的にクラス担当を目指す方まで、ヨガだけではない、広い意味で皆様の夢の実現をサポートします。

ヨガの教えを学ぶことで、皆さんの夢を叶える、しっかりした土台と心を築くよい機会です。私達もヨガで可能性が広がりました。


20,30代の若者はもちろん、家庭を守るお母さん達も受講されています。

たくさんの方々が、今までにこのコースを受け新たな自分を見つけ、夢に向かって思い切り羽ばたかれています。その中にはこれから社会に出るという若者もいれば、家庭を守り、ご自身の子育てにも生かすお母さん達もたくさん受講されています。そうやって十代の子供達にもヨガの教えを広げていき、自分の周りにも良い影響を与えていらっしゃいます。そうやって大事なヨガの教え&目線がどんどん広がっていくことが、私たちの願いです。

スクール代表&講師Megが全コースのカリキュラムを指導します。指導者として様々な角度からのアプローチの仕方を学べ、実践出来るよう一人一人、丁寧にサポートします。

ヨガポーズに関する知識はもちろん、内面に効くヨガ的な考え、目線、ヨガを生活に活かす指導の方法をしっかり学んでいただけます。コース必須条件を満たした修了者には、終了証をお渡しします。


ヨガを教えるなら、まず自分自身に余裕をもつ、過程を楽しむということを知るべき

旅路が目的地

私Meg自身、色々な長期間のヨガ講師指導者養成プログラムに参加した経験から、余裕を持って楽しみながら学べる養成コースが必要だと強くと感じます。

ヨガの本質はストレスのない、自然なリラックスした自分を見つけることなのに、養成コースで全く逆のことを強いられ、自分を見失うのでは、ヨガ指導者として本当の意味での学びや理解が得られないだけでなく、養成プログラムを受ける意味が全くないと私たちは考えます。

決められた期間内にカリキュラムを終わらせるための詰め込み式のプログラムは、せっかくの良い内容でも、養成プログラムの課題に追われた、覚えることがてんこ盛り、ストレスも最高潮な状態では、じっくり考え、自分の中で消化する余裕すらありません。とてももったいないことです!

よくあるRYTプログラムでは、RYT200に必要な単位(時間)を、滞在型、または、数ヶ月間に渡って、いわば短期間で取得しますが、正直、それをしっかり自分のものにするには、かなりの集中力、暗記力、理解力がないと容易ではありません。

中途半端な理解のまま、バタバタと養成コースを修了しても、実際に教えるとなると、自分はヨガ講師として、自信を持って生徒さんの前に立てるのだろうか?と疑問に思う人も実際たくさんいるようです。

もっと余裕が持て、講師になるための学び=過程を楽しみ、得た学びを本当に身につけることができる養成プログラムを提供することが、このユニークな単位制のRYTプログラム「Yoga Universityヨガ大学」の基本理念です。

自分で選べる、オーダーメイドのRYT200養成プログラム

当スクールのRYT200プログラムは、必須コース(*)で単位を取りながら、併せてその他の養成コースや、選択コースの中から、お好きなコースを選び、楽しみながら確実に単位を集めることができます。

*選択コースは、必須コースを終了前でも受けることができます。

*レベルがあるコースは、レベル順に受講お願いします。

*外部講師を招いての関連コースを特別割引価格で受講でき、単位に加算も可能。*詳細は下記

*菜食料理教室の材料費、各種合宿のレンタル布団代&食事代、そして海外リトリートの航空券代、宿泊代、食事代、手配量等の、実質コース受講料以外の諸経費は別途。

※RYT200プログラム参加者は、外部講師を招いての当校主催の特別コース参加の際、選択コースに関連した内容であれば、その時間単位数はRYT200単位に加算できます。その際の受講料は、通常の20%割引で受講できます。(別途お支払いが必要)

確実に指導のチカラがつくカリキュラム